子宮筋腫でも妊娠できる

事前のお金の準備が重要

子宮筋腫と診断されていざ手術しますとなった場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。手術費用は手術の術式や筋腫の大きさによって違ってきます。

 

一般的な手術の術式としては2種類あります。

 

単純子宮全摘出術(子宮を摘出)

筋腫核出術(筋腫だけを摘出)

 

また最近使われ始めた最新の術式として子宮動脈塞栓(UAE)と子宮動脈塞栓(UAE)もあります。

 

術式別に実際の平均費用をあげるとすれば、単純子宮全摘出術(腹式・膣式)では20〜25万円程度、筋腫核出術では10〜20万円程度です。

 

また最新の術式は子宮動脈塞栓(UAE)では40〜60万円、集束超音波(FUS)では50〜90万円と高額です。

 

冒頭に記述したような一般的に行われている出術では健康保険が適応になりますが、最新の術式のもの(UAEとFUS)では健康保険が適応にならないため負担が大きいです。

 

もちろんこの手術費用のほかに入院費なども別途にかかります。そのため事前のお金の準備が重要になります。

 

場合によっては術式を自分で選択できることもあります。担当の先生と費用の面も含め、よく話し合っておくと良いでしょう。

 

 


inserted by FC2 system